UQモバイルと比較 他社の料金やサービスと比べてみる

UQモバイルと他社の料金やサービス内容を分かりやすく説明!UQモバイルでiphoneを使う時の注意など、iphone情報も満載!

UQmobileでお勧めできる機種5選! 2018年最新版

 

UQモバイルでは、端末代割引のマンスリー割があるので、スマホを安く購入できます

※マンスリー割の詳細についてはページ最下部にリンクがあります。

 

しかし、どの機種を選べばいいのかと悩んでいる人もいるかもしれません。

 

結論から言うと、現時点でもっともおすすめなのは、月々0円で購入できる「AQUOS sense」です。また、よりハイスペックなスマホが欲しい人には、月々500円の「P20 lite」をおすすめします。

この記事では、UQモバイルの最新ラインナップから、おすすめできる機種とその理由を紹介していきます。


UQモバイル機種選びのポイント


機種選びでポイントになるのは、価格(買いやすいか)・性能(サクサク動作するか)・機能(便利に使えるか)の3つです。

なお、以下で紹介する端末代の実質負担額は、「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」でマンスリー割を適用したときの価格になります。

 

その他のプランである「データ高速プラン」「データ無制限プラン」では、端末代の割引がありません。そのため、UQモバイルでスマホを購入するなら、おしゃべりプラン・ぴったりプランがベストです。

参考>> UQモバイル「おしゃべりプラン」「ぴったりプラン」の詳細


1位:おサイフケータイ・指紋認証対応スマホ「AQUOS sense」

f:id:hayarino:20180827134056j:plain

機種名:AQUOS sense メーカー:シャープ
本体価格:28,900円 実質負担額:100円
発売日:2017年11月22日

現時点で、UQモバイルで最もおすすめできるのが、シャープの「AQUOS sense」です。

おサイフケータイや防水・防塵に対応しつつ、指紋認証も使えるのが特徴。おサイフケータイと指紋認証の両方に対応する機種は、UQモバイルでは初めてです。

これまで、おサイフケータイに対応するUQモバイルの機種は、スペックとしてはやや物足りない印象でした。しかし、AQUOS senseは内蔵メモリが3GBで、ディスプレイもフルHDと十分なスペックです。

おしゃべりプラン・ぴったりプランなら、マンスリー割適用で実質負担額は100円。(プランS・M・Lすべて)

おサイフケータイと指紋認証の両方を使いたい人なら、AQUOS senseを選ぶべきです。

AQUOS senseの詳細スペックと端末代(タップして展開)
参考>> UQモバイルのAQUOS senseの特徴と価格を解説

 

 

2位:ほぼ丸ごと画面で顔認証&指紋認証対応「P20 lite」

f:id:hayarino:20180827134145j:plain

機種名:P20 lite メーカー:ファーウェイ
本体価格:28,900円 実質負担額:12,100円(プランM以上)
発売日:2018年6月15日


ファーウェイの「P20 lite」は、今やトレンドと言える、ノッチ付きの全画面(フルビュー)ディスプレイを搭載。前機種のP10 liteと端末サイズは同程度ながら、画面サイズは5.84インチに拡大しています。

8コアCPUを搭載し、内蔵メモリは4GB。メインカメラはダブルレンズ、サブカメラも1,600万画素と、本体価格が3万円程度のスマホとは思えないないハイスペックぶりです。

おしゃべりプラン・ぴったりプランのM以上の場合、割引後の端末代は月々500円。プランSの場合は月々1,000円です。

UQモバイルで高性能なスマホを購入したいなら、P20 liteを選ぶべきでしょう。

P20 liteの詳細スペックと端末代(タップして展開)
参考>> P20 liteはUQモバイルとワイモバイルのどちらで買うのが得か?

 

3位:大ヒットのSIMフリーAndroidスマホ「P10 lite」

f:id:hayarino:20180827134236j:plain

機種名:P10 lite メーカー:ファーウェイ
本体価格:28,900円 実質負担額:100円
発売日:2017年6月16日

ファーウェイの「P10 lite」は、P20 liteの一世代前のモデル。2017年に大ヒットしたSIMフリーのAndroidスマホです。

本体価格約3万円ながら、3GBメモリや8コアCPUを搭載。指紋認証にも対応。UQモバイルなら、この機種を実質100円で購入可能です(おしゃべりプラン・ぴったりプラン限定)。

内蔵メモリやカメラなど、あらゆる面でP20 liteよりは見劣りしますが、それでも性能は十分。とにかく安いのが魅力です。

なお、おサイフケータイや防水・防塵には非対応。

P10 liteの詳細スペックと端末代(タップして展開)
参考>> UQモバイルのP10 liteが、脱iPhoneにオススメできる理由

 

4位:ハンドソープでも洗える防水スマホ「arrows M04 PREMIUM」

f:id:hayarino:20180827134307j:plain

機種名:arrows M04 PREMIUM メーカー:富士通
本体価格:28,900円 実質負担額:100円(プランM以上)
発売日:2017年10月26日


富士通の「arrows M04 PREMIUM」は、おサイフケータイや防水・防塵に対応することに加えて、泡タイプのハンドソープでも洗えるというのが特徴です。

しかし、ハンドソープで洗えること以外で、特に強みが無いというのが正直なところ。

おサイフケータイが必要ならAQUOS senseのほうがおすすめできますし、性能重視ならP20 liteを選んだほうが良いです。

ただし、電話やメール、ブラウザなどが使いやすいホームアプリを搭載している点で、シニアの初めてのスマホとしては使いやすいかもしれません。

マンスリー割適用後の端末代は、おしゃべりプラン・ぴったりプランのプランM以上なら月々0円、プランSは月々500円です。

arrows M04 PREMIUMの詳細スペックと端末代(タップして展開)

 

5位:デュアルレンズで持ちやすい高性能スマホ「nova 2」

f:id:hayarino:20180827134335j:plain

機種名:nova 2 メーカー:ファーウェイ
本体価格:28,900円 実質負担額:12,100円
発売日:2018年1月26日


価格 性能 機能 総合評価
ファーウェイの「nova 2」は、コンパクトかつ高性能で低価格なAndroidスマホ。

最大の特徴はカメラ機能。メインカメラは1,200万画素と800万画素のデュアルレンズ、サブカメラは2,000万画素で、風景や料理、自撮りもきれいに撮影できます。

内蔵メモリは4GBで、AQUOS senseよりも高性能。それでいて、本体サイズはiPhone 6 / 6sとほとんど変わず、持ちやすい仕上がりに。

もちろん、指紋認証にも対応。ただし、防水やおサイフケータイには非対応となっています。

参考>> UQモバイル版HUAWEI nova 2実機レビュー

マンスリー割適用後の端末代は、おしゃべりプランぴったりプランのS・M・Lともに月々500円。実質負担額は12,100円です。

P20 liteの全画面ディスプレイが使いにくそうと感じるなら、nova 2を選ぶのがいいかもしれません。

nova 2の詳細スペックと端末代(タップして展開)

 

 

なんと!上記5種以外にもUQモバイルなら「iPhone SE」も特別価格で購入可能です!

f:id:hayarino:20180827134435j:plain


機種名:iPhone SE メーカー:アップル
本体価格:40,900円 実質負担額:9,700円(いずれも32GBモデル)
発売日:2017年3月25日(UQモバイル版)

 

UQモバイルでアップルのiPhoneを購入したい人には「iPhone SE」が最もおすすめです。

「iPhone 6s」も購入できますが、iPhone SEと6sはCPUが同じ。iPhone 6sと同等の性能をコンパクトなサイズで使え、なおかつ価格が安いのがiPhone SEの魅力です。

マンスリー割によって、32GBモデルは実質9,700円、128GBモデルは実質12,100円で購入できます。

iPhone SEの詳細スペックと端末代(タップして展開)
参考>> UQモバイル版iPhone SEの価格を詳しく解説

頑丈でガラス割れしにくい「DIGNO A」
機種名:DIGNO A メーカー:京セラ
本体価格:28,900円 実質負担額:100円(プランM以上)
発売日:2018年3月1日

 

 

落としても壊れにくいスマホがほしい!という人は?

f:id:hayarino:20180827134730j:plain

京セラの「DIGNO A」は、nova 2と同時に発表された冬春モデルの新製品。3月1日に発売されました。

防水・防塵に対応するのはもちろん、米国国防総省の調達基準(MIL規格)に準拠した耐衝撃性能を搭載。

さらに、強化ガラスとアクリルを組み合わせた「ハイブリッドシールド」構造により、ガラス割れがしにくく、安心して使えるのが特徴です。

なお、国内メーカーのスマホながらおサイフケータイには非対応。また、指紋認証にも非対応となっています。

おしゃべりプラン・ぴったりプランのM以上なら、月々の端末代は0円で、実質負担額は100円。プランSの場合、月々の端末代が300円です。

とにかく頑丈なスマホを購入したい人には、DIGNO Aがおすすめできるでしょう。

DIGNO Aの詳細スペックと端末代(タップして展開)


まとめ


UQモバイルの機種選びでは、おサイフケータイや防水性能が必要という人には、シャープのAQUOS senseがおすすめできます。

おしゃべりプラン・ぴったりプランのS・M・Lなら、実質100円で購入することが可能です。

また、カメラ機能や性能を重視するなら、ファーウェイのP20 liteを選べば間違いないです。実質100円ではありませんが、月々の端末代は500円(プランM以上)。割安な価格で、高性能の最新スマホを購入できます。

ぜひ、お好みのスマホを選んで、格安な料金のUQモバイルを快適に使ってみてください。

>> 当サイトからの申し込み限定、最大13,000円の現金キャッシュバックがもらえるUQモバイルのキャンペーン

uqhikaku.hatenablog.com